おおぞら高校
なりたい大人研究所
おおぞら高校

第5回 なりたい大人作文コンクール(中学生対象)

結果発表

全国の中学校から27,644作品の応募がありました!
たくさんのご応募ありがとうございました。

「なりたい大人」
将来、あなたはどんな大人になれたら
幸せですか?

今までなんとなく考えてみたことがあっても、明確に文章にしたことがある人は少ないのではないでしょうか。本コンクールは、自分が将来どのような大人になりたいかを思い描いて、文章で発表するコンクールです。素直に自分の心と向き合い、文章として表現をすることで、きっと将来の自分に一歩近づくきっかけになることと思います。
あなたの夢は何ですか? あなたのなりたい大人像はなんですか?
将来、どんな大人になれたら幸せか思い描いてみて文章にまとめてください。
きっとあなたの夢を実現する一歩になると思います。

総評

特別審査員

屋久島おおぞら高等学校 校長 茂木 健一郎

大人にできることは、子どもたちのことを応援することだと思います。そして、子どもどうしも、お互いのことを応援することがいちばん大切だと思います。みなさんのすばらしい作品を読みながら、こうやって文章を書くこと自体、読むこと自体が応援なんだなあと思いました、言葉がチアリーダーのようにはねて、空を飛び始めます。これからも、それぞれがなりたい大人になるために、お互いに励まし合いながらがんばりましょう。

審査員

おおぞら高等学院 学院長 小林 英仁

第5回「おおぞら全国中学生なりたい大人作文コンクール」に多数の応募をいただき、ありがとうございました。
今回は、昨年を上回り27,644作品の応募をいただき、過去最多を更新することとなりました。併せまして、学校応募の中学校団体応募数も過去最多の595校となりました。先生方のご指導に、御礼申し上げます。
応募いただいた皆様、協賛いただいた朝日新聞社様はじめ、後援いただいた愛知県教育委員会・文部科学省の皆様、心より感謝申し上げます。
さて、2019年に中学生の皆さんが自身の将来を考えるきっかけに、そして進路指導の一助になればと第1回目を開催し、今回5回目を迎えることができました。
年々、応募作品の内容が向上し、審査が非常に難しくなってきています。
限られた文字数の中ではありますが、表現力の素晴らしい作品が多くなっている印象です。中学生の皆さんの想いが200字という中に凝縮した作品が多く、ひとつひとつの作品を読む際に、作成中の生徒さんの姿が思い浮かぶような気がします。
今年の作品の中にも、昨年同様「なりたい大人」と社会情勢や平和に結びつけた記載もありました。これからの社会を担う中学生が、世界の動きに関心を持ってくれていることに感心しました。
応募いただきました皆さんと、ご指導いただきました先生方に感謝申し上げます。

入賞作品

最優秀賞

橋本 美紀さん タイトル 夢中の人 神奈川県 川崎市立宮内中学校 3年

優秀賞

丹下 始音さん タイトル もう一回 広島県 銀河学院中学校 3年

馬所 蒼依さん タイトル 丸い大人 和歌山県 和歌山県立桐陰中学校 3年

茂木校長賞

藤井 心優さん タイトル 過去 兵庫県 伊丹市立荒牧中学校 3年

学校賞

東京都
足立区立西新井中学校
和歌山県
私立智辯学園和歌山中学校
東京都
世田谷区深沢中学校

募集要項

応募資格
中学生
テーマ
「なりたい大人」(200字以内)
将来、あなたはどんな大人になれたら幸せですか?
どんな人に憧れ、何をしたいと思っていますか?
あなたの想いを200文字で送ってください。
作品規定
  • テーマに沿い、題名をつけ、日本語で200字以内の作文としてまとめてください。
  • 応募者自身のオリジナルで未発表の作品、かつ同じ作品を複数のコンテスト等に応募しないものに限ります。
  • 書籍や雑誌などから文章を引用した場合は、出典を明記してください。
  • これらの様式以外は、審査の対象外となることがあります。
  • 〇最優秀賞 1点:賞状、副賞(図書カード3万円分)、記念品
  • 〇優秀賞 2点:賞状、副賞(図書カード1万円分)、記念品
  • 〇茂木校長賞 1点:賞状、副賞(図書カード5千円分)、記念品
  • 〇学校賞(優れた作品を多く寄せていただいた学校 2校)
  • 〇入選 100点:記念品
  • 入賞・入選作品(氏名・学校名・学年を含む)は、「なりたい大人作文コンクール」特集ページに掲載いたします。
  • 入賞・入選作品の著作権は学校法人KTC学園に帰属します。
特別審査員
屋久島おおぞら高等学校 茂木健一郎校長
中学生は、自分のことを知り、将来やりたいことにつなげていく大切な時期です。それは自分と出会うことであり、そのためにも「なりたい大人」について考え、文章を書くのはとてもいいことです。脳の前頭葉が自分はこういう人だと認識するプロセスを、書くことが助けてくれます。みなさんの夢を大きく膨らませるためにも、そして、自分というかけがえのない存在をよく知り、自分と出会うためにも、ぜひコンクールに参加してください。
●プロフィール/もぎ・けんいちろう 1962年東京生まれ。脳科学者。ソニーコンピューターサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部を卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程を修了、理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。「クオリア(意識のなかで立ち上がる、数量化できない微妙な質感)」をキーワー ドとして、脳と心の関係を探求し続けている。2021年4月、学校法人KTC学園屋久島おおぞら高等学校の新校長に就任。
応募締め切り
2023年9月30日(金)当日消印有効
※応募受付を終了しました

●個人応募と団体応募

【個人応募】
  • 専用応募用紙に、必要事項を記入のうえ、右半分を切り取って以下の送付先まで送ってください。
【中学校団体応募】
  • ★指導教員用作品送付シートは、こちらからダウンロードできます。
  • ★ご応募いただいた作品は、おおぞら高等学院のホームページや学校案内などで匿名で2次利用させていただく場合がございます。

●応募方法

【郵送の場合】
〒460-8488(所在地不要) 朝日新聞名古屋本社 「なりたい大人作文コンクール」事務局
【WEB応募の場合】
下記のURLより応募フォームにご入力のうえ、応募ください。https://que.digital.asahi.com/epost/11011083?cid=lp01&utm_source=lp02

※お預かりした個人情報は朝日新聞社と学校法人KTC学園がそれぞれ取得し、入賞者への連絡・確認・発表および学校案内などの送付(希望者のみ)に使用させていただきます。ただし、インターネットでお申し込みの場合、朝日新聞グループ(朝日新聞社、朝日新聞社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)が取得した個人情報は、朝日新聞グループの事業活動に伴う(1)商品・サービスの配送・提供(2)商品・サービス・催し物の案内(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査(4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付目的で、当社ホームページに掲載された個人情報保護方針に従い、共同利用します。

●入賞発表

2022年12月中旬、本ページおよび、「朝日新聞 作文コンクール特集サイト」(https://www.asahi.com/ads/ktc/)にて掲載予定。

  • 入賞者には個別に通知いたします。なお、作品の返却はいたしません。
  • 入賞作品発表時には、氏名、学校名、学年を公表します。

●お問い合わせ・資料請求先

朝日新聞名古屋本社「なりたい大人作文コンクール」事務局
460-8488 名古屋市中区栄1-3-3 TEL:052-231-5537(平日10:00~17:30)
https://naritaiotona.com/

●主催:学校法人KTC学園、屋久島おおぞら高等学校、おおぞら高等学院、子どもの文化・教育研究所 ●共催:朝日新聞社 ●後援:愛知県教育委員会、文部科学省

作文の書き方

将来、あなたはどんな大人になれたら幸せですか。
この「全国中学生 おおぞらなりたい大人作文コンクール」を主催するおおぞら高校は「なりたい大人になるための学校®」として常にこの言葉を問いかけています。
自分の気持ちを作文に書くって難しいし、恥ずかしい。そんなあなたに少しだけ作文の書き方の例を紹介します。
上手く書けなくなっていい、あなたの思いを200文字に載せて伝えてみましょう。
私たちはあなたの挑戦を待っています。

中学校向け出張授業

「なりたい大人になるための学校®。」を掲げるおおぞら高校では、中学校に向けての出張授業を無料で提供しています。

〇世界自然遺産屋久島にある屋久島おおぞら高等学校と中学校の教室をオンラインで結び、SDGsの一つ『15.陸の豊かさも守ろう』を題材に授業を行います。
〇「キャリア教育~将来の夢の目標の見つけ方~」と題し、「なりたい大人になるための学校」としておおぞら高校のスタッフが授業を行います。

ご興味を持たれた先生がたはこちらの問い合わせフォームからお知らせください。些細なことでも構いません。担当者から後日ご連絡させていただきます。

過去の入賞作品

おおぞら100選

通信制高校サポート校「おおぞら高等学院」の生徒たちの応募作品から、厳選された100作品を発表します!
通信制高校に通う生徒たち、それぞれの思い描く「なりたい大人」をご覧ください。

学校法人KTC学園
屋久島おおぞら高等学校

つながる学科
通信で学ぶ

学校法人KTC学園
おおぞら高等学院

みらい学科
通学もできる

なりたい大人研究所とは?

【なりたい大人研究所 概要】

2018年
KTCおおぞら高等学院の校名変更に伴い発足
「KTCみらいノート®」を共同開発
2019年
「第1回なりたい大人作文コンクール」開催 全国の中高生から24,760点もの応募を集める
子どもたちを応援するボランティア組織「おおぞらみらいサポーター」を設置
2020年
「第2回なりたい大人作文コンクール」開催 全国の中学生から22,748点もの応募を集める
『中学生の頭の中身をのぞいたら、未来が明るくなりました。』出版
2021年
「第3回なりたい大人作文コンクール」開催
2022年
おおぞら高等学院へ校名変更
「第4回なりたい大人作文コンクール」開催
2023年
「第5回なりたい大人作文コンクール」開催

なりたい大人研究所は、学校法人KTC学園屋久島おおぞら高校とおおぞら高等学院が共同運営している研究所。
中高生の『なりたい大人になる』をサポートするみらい応援プロジェクトです。約8,000名の高校生を対象としたアンケート調査や全国の中高生を対象とした作文コンクールなどを企画。中高生の自己表現の場を通じて彼らの今を見つめ、SNSなどを利用し多くの大人にその想いを届けることで、「中高生と大人との架け橋になる」ことを活動テーマとしています。
また、ボランティア組織「センバス教育みらいプロジェクト」も運用。屋久島へのツアー引率やイベント企画など、みらいにはばたく子どもたちを応援しています。
※センバス教育みらいプロジェクト 
https://www.senvus.com/

『中学生の頭の中身をのぞいたら、未来が明るくなりました。』

「なりたい大人作文コンクール」の応募作品が一冊の本になりました。

2019年夏に開催した「なりたい大人作文コンクール」。
全国から集まった作文の中から、特に印象的な105作品を選びほぼ原文のままに掲載しています。2020年、想定外に社会が変わりゆく中、様々な不安や、未来に希望を描くことが難しい、そんなあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい本になりました。

「やさしい大人」「ありのままの大人」
「夢を追いかける大人」
「問う力を大事にする大人」「挑戦する大人」

今を生きる中学生の言葉は、大人へのエールでしょうか、それとも勇気をもらうビタミン剤でしょうか。

毎日を頑張るたくさんの大人のみなさんにお届けしたい一冊です。
この機会に是非お求めください。

SHARE